スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常階段2

非常階段2
食を食べにファミリーレストランへ行った。
ドリンクバーでコーヒーを入れて席に戻り、本を取り出すためカバンに手を伸ばそうとして気がついた。
「やられた!」
カバンがない。思わず席を立ち上がる。イスが派手な音をたてて倒れたがそれどころではない。顔面蒼白であたりを見回す。
すると2つ隣の席に僕のカバンが置いてあるではないか。
そこでようやく事態が飲み込めた。カバンはずっとそこに置かれていたのだ。僕が座る席を間違えただけに過ぎない。
何食わぬ顔で自分の席に戻ったが、もちろん周りのお客さんは僕のミスに気がついている。
隣に座っていた若いカップルがクスクス笑うのを聞きながら、苦めのコーヒーをがぶりと飲んだ。
スポンサーサイト

非常階段

          非常階段
車に乗っていると、若くて可愛い女の子が偶然僕の両隣に座った。
やがて駅に着き電車が少し空くと、二人は申し合わせたように同時に立ち上がると、僕から一つ席を離れて座りなおした。

    Q:若くて可愛い女の子二人は、なぜ僕から離れて座りなおしたのでしょうか?

     1.単に広々と座りたかったから
     2.僕の放つ加齢臭に耐えられなかったから
     3.セクシーすぎる僕の隣で、激しい胸の動悸に耐えられなくなったから

    A:3

    そんなわけないか……でもせめて1でお願い!
PROFILE

Yoshiyuki

Author:Yoshiyuki
千葉県の片隅で
不器用に生きる、
少年の心を持った腰痛もち。
フィルムカメラで
(ときどきデジタルカメラ)
撮った写真と、
写真に関係あったり
なかったりもする
雑文(三文詩)を
掲載しています。
どうぞお気軽に
コメントしてください。
リンクはフリーです。



人気ブログランキングへ

CAMERA
ARCHIVE
LINK
このブログをリンクに追加する
COUNTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。