スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山の中の工場

山の中の工場
物屋で見つけた、小ぶりの使いやすそうな中華鍋。
手にとってみると、裏側に「Made in Cina」の刻印が。
「本場物」とも思えるし、「安物」とも思える中華鍋。
困ったので、結局買わずにお店を後にした。

Comment

クマ | URL | 2013.02.24 00:29 | Edit
 30cmの北京鍋(両手の)持っています。
 チョッと厚めの鉄板製で重いです。炒め物、揚げ物、蒸し物に重宝しました。ゴトクを置いて焚き火でも気軽に使えました。
 焚き火で天ぷらするときは、熾き火に成ってからが安全ですね。火力の調整が悪いと油に点火してしまいます(怖かった)。地面も汚れるから河原は避けたほうが良いです。
 道具は単純構造で丈夫なほうが私には良かったです。鉄製なんで焦げ付いても焼き飛ばしたりヤスリを掛けられたりとリカバリーも気楽です。
Yoshiyuki | URL | 2013.03.02 01:27
クマさんへ
30㎝の北京鍋、万能ですね。
何年も前からダッチオーブンの購入も検討しているのですが、ステンレス製にするか鉄製にするか未だに悩んでいます。
クマ | URL | 2013.03.03 00:10 | Edit
 ダッヂオーブンは持っていませんが、何が出来るか楽しみな調理器具ですね。
 鉄かステンレスか悩みますね。
 ステンレスのデメリットは熱伝導がゆっくりで熱傾斜がきつい事。火の当たったところは熱く、当たらない所は温度が上がるのが遅い。例えばステンレス鍋で味噌汁を温めるといきなり溢れるように沸騰することが有ります。オーブンの使い方だとどんな物でしょうか。ゆっくりジワジワ暖めるなら良さそうですね。 一方鉄は錆びる事。鋳物だったらショックに弱いところですね。
Yoshiyuki | URL | 2013.03.11 07:57
クマさんへ
鉄とステンレス、どちらも一長一短でなかなか難しい選択です。
もう少し迷ってみようと思います。
Comment Form
公開設定

PROFILE

Yoshiyuki

Author:Yoshiyuki
東京の片隅で
不器用に生きる、
少年の心を持った腰痛もち。
フィルムカメラで
(ときどきデジタルカメラ)
撮った写真と、
写真に関係あったり
なかったりもする
雑文(三文詩)を
掲載しています。
どうぞお気軽に
コメントしてください。
リンクはフリーです。



人気ブログランキングへ

CAMERA
ARCHIVE
COUNTER
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。